酵素ファスティング

レインボー・ローフードでは、はじめての方でもご自宅で安全に、普段の生活を送りながら酵素断食ができるように定期的に「ファスティング講座」を開催しています。

2017年
10月17日(火)19:00〜21:00
11月3日  (金)15:00〜17:00
11月28日 (火) 19:00〜21:00
参加費 ¥3,900  試飲ドリンク・野草ペースト・デトックス茶つき
持ち物 筆記用具 お申込みはこちらより
講師 中村裕恵ドクター 加藤馨一

レインボー・ローフードのオーナーである加藤馨一氏と、現役の消化器内科の女医でいらっしゃる中村裕恵先生による超スペシャルな大人気セミナーです。「みんなの酵素断食」著者から直々に伝授します。

ちょい悪ベジ男こと加藤馨一シェフの「酵素ファスティング講座」

最長21日間の断食を経験した加藤馨一氏による酵素ファスティング講座。ローフードシェフでありながら、5年間で500回以上全国各地で開催された人気セミナー。

堅苦しくない、時に毒舌!でも的確でありながら会場を巻きこむトークは、一度は聞く価値あり。ファスティングだけでなく、日頃から誰でもできるちょっとした食べ方の工夫から、酵素栄養学の概要、ローフードの取り入れ方など内容盛りだくさんの講座。

ローフードや断食の資格を多く持ちながらも、何かに偏ったり、厳格なルールだけを追求するのではなく、「1人1人が人生を最大限に輝かせる」ことを目的とし、自分のインスピレーションやバランスを大事にする教えは、老若男女問わず大人気!わかりやすいたとえ話満載で、初めての方でも理解できるアットホームなセミナーです。

断食が必要な現代の日本人

2014年、日本人の平均寿命は男性80.21才、女性は86.61才まで延び、世界一の長寿国の座に就いています。でも、その一方で、この長寿世界一を単純に喜べない現実があることをご存じですか? 今や日本の年間国民医療費は、1965年のおよそ1兆1千万円から、現在は4.0兆円まで増加。

なんと、この50年ほどの間に40倍近くも増加しているのです。 高齢者の多くは、平均寿命までの最後の10年~15年間を、何らかの病気を抱え介護が治療が必要な状態であり、実際、寝たきりの高齢者の人口も、日本が世界で一番多いのが現状です。 つまり、長寿大国というのは見せかけであって、真の健康からはほど遠い不健康大国というのが、今の日本の本当の姿なのです。

日本の食には危険がいっぱい

最近では若い方の生活習慣病、アトピーや花粉症などアレルギー症状をもたらす病気が著しく増加しています。 これらの病気も全て毎日の食生活に問題があることが少なくないのです。意外に思われるかもしれませんが、うつ病など精神的な病気も食べ物と大いに関係があることが分かっています。

若い人や仕事で忙しい現代人は、毎日のようにコンビニ食やインスタント食、菓子パンやジャンクフードを食べています。糖分や脂質が中心の、質の悪い油をたくさん使った高カロリーの食事は野菜不足となるだけでなく、カロリーは高いけれども、栄養バランスが偏った栄養価の低い食事になっています。

問題はそれだけではありません。 欧米に比べ、日本は食品添加物の国の規制が甘く、認可されている添加物だけで1500種類にも上ります。 ひとつの食品のなかには複数の添加物が含まれていることがほとんどです。それらが合わさった時に、いったい人体にどれほどの影響を及ぼすことになるのか。実はまだよく分かっていないのが本当のところです。

古来からの健康法 酵素断食の効果効能

野生動物は具合が悪くなれば、食べずにじっと寝て回復するのを待ちます。病気になると断食をするのは自然界では当たり前のことです。ヨーロッパでは「メスのいらない手術」と言われているほど、断食による健康効果、体質改善はよく知られています。

古代ギリシャの時代にも、ソクラテスなどの哲学者は弟子たちに食事指導を行い、定期的に断食を行い、中世ヨーロッパでは、イタリアの神学者・哲学者、スコラ哲学の祖であるトマス・アクィナスも、断食と健康の関係に着目していたひとり。この時代にすでに「病気の多くは栄養失調からではなく過食からくる」という言葉を残しています。

腸の掃除が健康への近道

栄養を吸収する腸には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌など、合わせて約100兆個の腸内細菌がいます。腸内環境を良くするためには、まずこの腸の中の善玉菌を増やして、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスを整えることが何より大事になります。

3日間ほど酵素断食を行うことによって、この腸内細菌は100万分の1まで減少し、およそ1000万個になると言われています。腸内で善玉菌が発酵すると良い便が出ますが、悪玉菌が多く、腐敗した便が体内に残留すると、腸壁から毒素が吸収されて全身に悪い影響が表れます。

腸内環境が善玉菌優位になっていれば、新たに食物酵素を分泌して消化を助け、窒素残留物も減少、腸内環境が改善されます。これにより、腸内にこびり付いていた宿便が排出されて、腸内環境がリセットされるのです。腸ではなんと全身の8割の血液を作っているのですから、腸内環境が整えば、免疫物質をつくりだす小腸の白血球も活性化されます。

キレイで豊かな血液は免疫系を向上させますから、免疫のバロメーターともいえる皮膚の状態もよくなり、治りにくいアトピーなども改善されていきます。酵素断食によって腸内環境を整えることで、免疫力がアップし、美肌になると言われているのはそのためです

なぜ「酵素断食」が優れているのか

古来より行われてきた固形物を摂らない従来の水断食では、すぐに飢餓状態に追い込まれてしまいますから、飽食の時代に生きる現代人にとっては、かなり過酷で、時には危険なものとなります。

それに対し、適切な発酵ドリンクを用いた場合、必要なビタミンやミネラルをカロリーを含んでいますので、非常に安全に絶食状態にすることができ、既に低分子化された発酵飲料を使うことで、体内の消化酵素を減らすこともありません。

いつもは消化に奪われてしまっている酵素を、断食中は代謝酵素にまわすことができます。それによって、まず代謝が上がって血液やリンパの流れがスムーズになり、老廃物や毒素を排出しやすくなります。血液やリンパ液が浄化され、傷んだ細胞の修復も進み、細胞自体が活性化し、健康状態が全体的に向上するのです。

酵素断食の様々な効果

  • デトックス効果体内蓄積有害物の排出脂肪燃焼(体脂肪が落ちる)
  • 腸内環境の改善・血液浄化
  • 食 胃が小さくなり味覚が敏感に
  • 少食・薄味で満足できるようになる
  • 休息 消化器官が休まり、内臓機能が回復。疲れにくくなる
  • 体重 脂肪が燃焼され体脂肪が落ちる。隠れ肥満にも効果
  • 美容 有害物質をデトックス、新陳代謝がアップして美肌効果も
  • 健康 腸内環境の改善で宿便もスッキリ。排毒による慢性病の改善も
  • 五感 脂肪が分解され、脳内のアルファ波がリラックスと集中をもたらす